アレルギー対応レシピが盛り沢山!岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

岡夫婦のFacebookページこちらから

written by 岡パパ

 

食物アレルギーで悩む方が増えるとともに、
その治療法、予防法が研究されてきています。

過去にはわからなかったアレルギーの仕組みや
効果が期待される治療法・予防法などが日進月歩で
進められています。

 

国立成育医療研究センターでは、
牛乳アレルギーに対して経口免疫療法による
臨床研究を始めました。


(画像はイメージ)

今回の研究では、有効性を検証する方法として、
単純に牛乳を規定量摂取するだけでなく、
効果が期待されるモノを飲んでいきます。

 

今回の臨床研究の目的

食物アレルギーの対応は、基本的にはアレルギー症状を引き起こす
原因となる食材:アレルゲンを摂取しないことです。

しかし、摂取する食物を制限することは、
食物アレルギーをお持ちの患者さんやそのご家族の方々の
日常生活への負担が大きいです。

今回の臨床研究で行われる「経口免疫療法」は、
食物アレルギーの治療を目指す新しい治療法として注目されています。

併せて、乳酸菌発酵果汁飲料を摂取することで、
低用量経口免疫療法の治療効果が増強されるかを検討します。

増強効果が認められれば、食物アレルギー症状や生活の質(QOL)の改善が
期待できます。

 

乳酸菌発酵果汁飲料に期待されるものは?

アレルギー疾患の治療の一環として、
抗アレルギー効果を有する食品である乳酸菌が注目されています。

今回使用する乳酸菌発酵果汁飲料(乳酸菌で発酵させた果汁飲料)は、
継続して摂取すると、スギ花粉症やアレルギー性鼻炎
の症状が改善することも報告されています。

過去に行われてきた、対象となるアレルゲンを規定量摂取し続ける
経口免疫療法に加えて、乳酸菌発酵果汁飲料を摂取していくことで、
治療効果が増強されるのであれば、
今まで以上にリスクを抑えて、かつ治療効果が高くなることが期待されます。

※経口免疫療法は臨床研究段階の治療法です。
絶対に自己判断で行わないようにしてください。

国立成育医療研究センターによる本臨床研究のプレスリリースページはこちらから

 

食物アレルギーに対する有効な治療方法は、まだ確立されておらず、
様々な方法が研究されています。

2017年には乳に食物アレルギーを持つ方が、
アレルゲンへの耐性を獲得する為に、
お医者さんの管理・指導の元「経口免疫療法」の臨床研究に
参加していました。

この患者さんは、規定量となる牛乳を飲んでいましたが、
重いアレルギー症状を発症してしまいました。

「経口免疫療法」の臨床研究でアレルギー症状を発症した記事はこちらから

 

この事例により、日本全国で緊急調査が行われた他、
経口免疫療法への注意喚起が行われました。

今回の臨床研究で行われる「乳酸菌発酵果汁飲料」を用いることや、
他にも漢方薬の「葛根湯」を服用することで、
経口免疫療法をより安全に効果的に行うことが
できるようにする研究
が行われています。

葛根湯を服用する経口免疫療法に関する記事はこちらから

 

今回のような臨床研究の結果で、
安全かつ効果的に治療が行えるようになることが分れば、
食物アレルギーで悩む方やそのご家族にとって
希望の光になるかと思います。

※繰り返しますが、経口免疫療法は臨床研究段階の治療法です。
絶対に自己判断で行わないようにしてください。