横浜、桜木町・みなとみらいといえば、山下公園や赤レンガ倉庫など、観光やショッピングで訪れる方々が多くいらっしゃる地域です。

しかし「この付近でちょっとお食事を・・・」と探してみても、食物アレルギーがあると手軽に食べることができるお店がなかなか見つからず、またレストランチェーン店に入ったとしても人が多すぎて待ち時間がとても長いといったこともありました。

先日、岡ママが娘たちを連れて、桜木町に行った際、とってもありがたいお店に出逢いましたので、ご紹介します。

おにぎりカフェ うめ乃

新・横浜市庁舎内にある『おにぎりカフェ うめ乃』

2020年に新しくなった横浜市庁舎には、市役所としての機能だけでなく商業施設:レストランやカフェ、ショップも入っています。

1Fにあるフードホールにある『おにぎりカフェ うめ乃』では、こだわりのお米で作られた『おにぎり』などを食べることが出来、店内にはイートインできるスペースもあります。

市庁舎内ということだからなのか、休日でも程良く人が空いており、リラックスしてお食事をとることが出来ました。

 

食物アレルギーに理解のある店主さん

今回、岡ママがこちらのお店に伺ったのは、「おにぎりであれば娘も食べることが出来るだろう」というくらいの気持ちで、たまたまお店を見つけました。

メニューにはアレルゲン表示が無かったので、店主さんに娘に食物アレルギーがあること、アレルゲンの種類をお伝えし、食べられるお食事を聴きました。

すると、各メニューに何のアレルゲンが使われているかを丁寧に説明してくださいました。

実は店主さんのご家族にも食物アレルギーをお持ちの方がいらっしゃるとのことで、「桜木町付近で低アレルゲンなお食事を食べるのって難しいですよね」という共通の話題で、お話が盛り上がりました。

 

今回娘が食べたのは?

今回、『うめ乃』にて娘が食べたのは「鮭おにぎり」と「豚汁」。

こちらは『うめ乃』のお昼メニューの中の「うめ乃おにぎりセット」から、娘が食べることのできない「豆腐つくね」を抜いたものです。(豆腐つくねは、岡ママと次女で美味しくいただきました。)

大豆製品に食物アレルギーがある為、豚汁に油揚げなどが入っていると食べられませんが、今回注文した『うめ乃』の豚汁には油揚げが入っていませんでしたので、娘も食べることが出来ました。

こだわりのお米で作られたおにぎりはもちろん美味しく、お米が1粒1粒しっかりと存在感と甘味を感じさせてくれました。

長女曰く、一番美味しかったのは豚汁だったとのこと。「味がしょっぱくなくて、美味しかった」

外食店のお味噌汁や豚汁は、味噌の塩気が強いことが多く、人によっては「味が濃すぎるなぁ」と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。特に味覚に敏感なお子様は、そのように感じられる方は多いのではないでしょうか?

『うめ乃』の豚汁は、なんでも5種類の昆布から取ったまろやかな出汁を使っているとのことです。おそらく出汁がしっかりと効いているので、塩気を控えめにしてもしっかりと美味しさを味わうことが出来るのかもしれません。

人混みの多いエリアではなく、ゆったりとしたスペースでゆっくりとお食事をとることができ、大満足な娘たちでした。

 

事前にアレルゲンの確認を

『うめ乃』のHPには、メニューが掲載されていますが、アレルゲンの表示はありません。もし行く予定を組まれる、もしくはWEB注文をされる場合は、必ずアレルゲンのご確認をしましょう。店主さんはとても親切にお答えくださると思います。

また、お店では、卵など使用しているメニューもありますので、アレルギー症状が重篤でコンタミNGの方におかれましては、主治医のお医者さんと良くご相談された上で、ご購入等ご判断ください。

 

今回、『おにぎりカフェ うめ乃』に出逢うことができ、桜木町付近に娘たちを連れていくときに食べることのできるお店が増えました。

ご興味ある方は、是非お店に行ってみてください。

リンク:おにぎりカフェ うめ乃

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アレルギー対応レシピが盛り沢山!の岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

『入園・入学・進級前に使う食物アレルギーヒアリングシート』
無料ダウンロードはこちらから

岡夫婦のFacebookページこちらから

岡夫婦のInstagramこちらから