国産のお米を使った様々な米粉パンを製造・販売しているタイナイさん。

食パンタイプ、丸パンタイプなど色んなシーンで使い分けすることが出来ます。

そんなタイナイさんの米粉パンシリーズに新たな仲間:ベーグルが仲間入りしました!

タイナイ おこめベーグル
特定原材料28品目不使用

 

2種のおこめベーグル

新たに仲間入りしたのは、『おこめベーグル』。特定原材料28品目不使用で作られています。

小麦粉で作られたベーグルは、小麦粉と水、食塩などを加えて発酵させて成形した生地を、一度茹でてから焼き上げることで、内側が「もっちり」とした食感が特徴のパンです。

もっちりとした食感は、日本人にも馴染みが良く、ベーグルを好んで食べる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなベーグルを、米粉で作った『おこめベーグル』。もともと、モッチリとした食感のベーグルなので、米粉を使って作るのは相性が良いのでしょう。

種類は『玄米』『ラズベリー』の2種あります。

 

原材料情報、アレルゲン情報

玄米

原材料情報:
玄米粉(うるち米(国産))、砂糖、イースト、食塩/加工デンプン、トレハロース、増粘剤 (HPMC、グァーガム)、乳化剤

アレルゲン情報(28品目中):無

 

ラズベリー

原材料情報:
米粉(うるち米(新潟県産))、クランベリー、砂糖、イースト、食塩/加工デンプン、トレハロース、増粘剤(HPMC、グァーガム)、乳化剤

アレルゲン情報(28品目中):無

※コンタミに関する情報※
本製品は専用工場で生産されています。アレルギー症状が重篤な方におかれましては、主治医のお医者さんと良くご相談の上で、ご購入等ご検討ください。

 

 

体験レポート

「おこめベーグル」の袋に、ちょっと切り込みを入れて電子レンジで温めて食べます。

さて、そのお味は?

まずは『玄米』から。

米粉パンらしい香ばしさと甘い香りがしてきます。

口に入れると、米粉パン特有の弾力のある噛み応え!タイナイさんが作っている丸パンよりも、やや強い噛み応えでしょうか?米粉ならではのもっちりとした食感も楽しめます。

噛むほどに素材の甘味を感じることができ、1個で十分に満足感も味わえるベーグルです。

 

続いて『クランベリー』。

『玄米』と比べると、ちょっと小ぶりです。米粉パンらしい香りに加え、クランベリーの甘酸っぱい香りもしてきます。

口に入れると、食感は『玄米』と同じように感じますが、やや小ぶりな分、食べやすいです。

米粉の甘味に加え、クランベリーの甘酸っぱさも加わって、とっても美味しいです。

 

娘たちにも食べてもらいました。

『玄米』『クランベリー』両方を食べてもらい、感想を聞いてみると、

「(クラン)ベリーの方が美味しい」とのこと。

そのまま食べるには、クランベリーなどの味が付いていた方が美味しく感じるかもしれませんね。

『玄米』の方は、ベーグルサンドにして食べるなど応用の幅が広いと思います。

 

どこで購入したの?

岡パパはこちらの商品を、成城石井で購入しました。

成城石井では、他にもタイナイの食パンや丸パンなどが販売されていますので、食のシーンに合わせて選ぶことが出来ます。

全てのお店で取扱いがあるかはわかりませんので、事前にお電話などで取扱いについて確認されてみてください。

また、タイナイのオンラインショップでも購入することが出来ます。

 

日本人に好まれる食感のベーグルを、相性の良い米粉で作った「おこめベーグル」

ご興味ある方は是非お試しください。

 

リンク:おこめベーグル『玄米』

リンク:おこめベーグル『クランベリー』

リンク:タイナイ

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アレルギー対応レシピが盛り沢山!の岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

『入園・入学・進級前に使う食物アレルギーヒアリングシート』
無料ダウンロードはこちらから

岡夫婦のFacebookページこちらから

岡夫婦のInstagramこちらから