アレルギー対応レシピが盛り沢山!岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

岡夫婦のFacebookページこちらから

written by 岡パパ

 

今週から関東も梅雨入りしました。
梅雨が開ければ、暑い夏がやってきます。

蒸し暑い日が続くと、冷たくてサッパリしたものが食べたくなりますね。

そんな時、ご家庭でお手軽に作ることのできる、
こんなデザートはいかがでしょうか?

フルーチェ

皆さんご存知のフルーチェ。

フルーチェは牛乳を入れて作るので、牛乳にアレルギーをお持ちの方は
『牛乳を使った』フルーチェは食べることができません

なぜ『牛乳を使った』という箇所を強調したかというと・・・

実は、牛乳でなくてもプルプルフワトロのフルーチェを作ることができるというのです!
しかも、市販されている食品でできちゃいます。

 

一体何を使うのか?

 

それは・・・こちら!

ミルクのようにやさしいダイズ

そもそも、フルーチェがプルプルンとした食感になる仕組みは、
果物に含まれるペクチンという成分と、牛乳に含まれるカルシウム
合わさることで、液体が固まってきます。

ということは、カルシウムが含まれている飲料であれば、
牛乳でなくても作れるはず!

先ほどご紹介した『ミルクのようにやさしいダイズ』は、
豆乳飲料でありながら、牛乳と同等のカルシウムが含まれています。

これなら牛乳を使わなくてもフルーチェができるはず!

 

ということで、早速調理スタートです。

今回用意したのは、『フルーチェいちご味』

<原材料情報>
いちご(加糖)、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果糖、いちご濃縮果汁、りんご濃縮果汁、食塩
/ゲル化剤(ペクチン)、pH調整剤、香料、着色料(紅こうじ、くちなし)

※使用されるアレルゲン:リンゴ

 

そして、『ミルクのようにやさしいダイズ(200ml)』

<原材料情報>
大豆粉(遺伝子組換えでない)、水あめ、果糖ぶどう糖液糖、砂糖、
植物油脂、海藻エキス、食塩、トマトエキス、カラメルソース、
ビタミンK2含有食用油脂/乳酸Ca、炭酸Ca、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、
香料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンD

※使用されるアレルゲン:大豆

 

通常の作り方は、
フルーチェ1パックに対し、牛乳200mlを入れて、混ぜれば完成です。
(ゆるければ、30分ほど冷やす)

『ミルクのようにやさしいダイズ(200ml)』には、牛乳200ml相当の
カルシウムが含まれているので、そのまま使います。

『フルーチェ』に、『ミルクのようにやさしいダイズ』を入れて混ぜます。

どうやら、このまま混ぜただけではプルプルに固まらないようです。
混ぜたものを冷蔵庫で30分から1時間ほど冷やします。

1時間後、取り出してみると・・・

(写真では伝わりづらいでしょうが)
混ぜていた時とは違い、プルプルフワトロな感じになっています!

味や食感はどうでしょう?
家族みんなで食べてみました。

いただきまぁす!

フルーチェ初体験な娘達。
調理中から興味津々でしたが、お皿に盛られて出てくると大喜び!

一口食べて「おいしぃ~!」

あっという間に食べてくれました。

 

岡パパも食べてみました。
考えてみたら、フルーチェを食べるのは、何年ぶりでしょう?

パクッと食べてみると、フルーチェの果物(今回はいちご)の味と甘さが口いっぱいに広がります。
果肉が入っているのも嬉しいですね。
牛乳で作るフルーチェと変わらない美味しさに感じます。
(やや、牛乳よりもアッサリとしているように感じるかな?)

食感としては、プルプル感は牛乳のものよりも、やや控えめに感じます。
トロ~リとした食感は同じくらいではないでしょうか?

 

実際に作ってみて、ペクチンとカルシウムの反応を体感することができ、
美味しく楽しくお勉強できたような、お得な気分になりました。

ペクチンとカルシウムによる反応で固まるということは、
牛乳200ml相当量のカルシウムがあれば、ライスミルクでも
ココナッツミルクでもアーモンドミルクでも固まる・・・ということでしょうか?

コレ、お子様の夏休みの自由研究なんかにイイのでは?
色んな味も試すことができて、面白そうですね!
ご興味のある方はお試しください!

※注意事項※

『ミルクのようにやさしいダイズ』は、濃度の高い大豆飲料です。
他の大豆食品でアレルギー症状が出ない方でも、まれに発症例がありますので、
初めての引用の場合は少量からの試飲をおすすめします。
また、アレルギー症状が重篤な方は、主治医のお医者さんと良くご相談された上で、
ご購入等ご検討ください。