私達は食事を通して様々な栄養を取り込み、身体を作り調子を整えています。

糖質、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維、脂質など、色んな栄養があります。

最近、特に注目を集めているのが『タンパク質』

タンパク質は、筋肉、内臓、皮膚、ツメ、髪などなど、身体のあらゆる部分をつくる為に必要な栄養素です。厚生労働省によれば、日本人の食事摂取基準(2015年版)では、成人女性で50g/日、成人男性で60g/日の摂取を推奨されています。

毎日の食生活で不足しがちな栄養素を補うのに、サプリメントなどを栄養補助食品を活用される方もいらっしゃるでしょう。タンパク質をサプリメントなどで摂取する場合、代表的なのは乳製品由来や卵由来のタンパク質です。しかし、乳製品や卵に食物アレルギーを持つ方は、これらの食材を使用したサプリメントを摂取できません。

現在では、乳や卵に食物アレルギーをお持ちの方でも、手軽にタンパク質を摂取できる商品が続々と誕生しています。
先日は、キッコーマン『Soy Body』(乳製品不使用)についてご紹介しました。

キッコーマン Soy Bodyの体験レポートはこちらから

今回は、スジャータさんから販売されている乳製品不使用高タンパク飲料についてご紹介します。

スジャータ SOYPROTEIN
特定原材料7品目不使用

スジャータさんは、乳製品だけでなく、豆乳飲料などの商品種類も豊富。乳製品不使用の豆乳ホイップもスジャータさんの商品です。

そんなスジャータさんが新たに発売した豆乳飲料『SOYPROTEIN』は、1パック(330ml)で大豆タンパク質を15gも摂取することができます!

フレーバーはバナナ味とココア味の2種があります。

 

原材料情報、アレルゲン情報

バナナ

原材料情報
有機大豆(カナダ又はアメリカ)(遺伝子組換えでない)、砂糖、植物性たん白、バナナピューレ、植物油脂/セルロース、香料、着色料(紅花黄、カロテン)、増粘多糖類、乳化剤、甘味料(スクラロース)

アレルゲン情報(28品目中):大豆、バナナ

ココア

原材料情報
有機大豆(カナダ又はアメリカ)(遺伝子組換えでない)、砂糖、植物性たん白、天日塩、植物油脂/香料、増粘多糖類、乳化剤、カカオ色素、ピロリン酸鉄、甘味料(アセスルファムカリウム、スクラロース)、ビタミンB6

アレルゲン情報(28品目中):大豆

体験レポート

バナナ味、ココア味と、プロテイン食品にはメジャーなフレーバーですが、豆乳飲料としてのお味はいかがでしょうか?
それぞれ飲んでみましょう。

バナナ味

まずはバナナ味。

フタを開けてコップに注ぐと、甘いバナナの香りが広がります。見た目は薄黄色しており、バナナをイメージさせます。

飲んでみると、口の中でバナナの香りと甘みと共に、豆乳の優しい甘み、香りが広がります。バナナと豆乳の味わいが上手に混ざっており、バランスが良いです。最初に感じるのはバナナ、後味に残るのは豆乳という不思議な感覚です。飲み口はサラリとしていて粉っぽくなくゴクゴク飲めます。

バナナのフルーティーな香りが余韻として残り、飲んだ後も美味しさの満足感が続きます。

ココア味

続いてココア味。

フタを開けてコップに注ぐと、ココアの香りが広がります。見た目は灰色がかった色合いです。

飲んでみると、口の中でココアの香りと甘みが広がりますが、しつこくなくスッキリしています。豆乳らしい味わいは控えめに感じられます。こちらも飲み口はサラリとしていて粉っぽくなくゴクゴク飲めます。

後味がスッキリしていて、豆乳らしい味わい、香りも控えめなので、豆乳が苦手という方にも美味しく飲めるかもしれません。

どちらも1パック:330mlと容量も多めです。1パック飲むとかなり満腹感があります!最近体重が気になる岡パパには、嬉しい商品ですね!

どこで購入したの?

岡パパはこちらの商品をイオンで購入することができました。他にもライフの一部店舗で取扱いがあるのを見かけたことがあります。ご興味ある方は、お店に取扱いがあるかどうか、事前にお電話などでご確認ください。

 

運動や美容など、色んな面で注目を集めているタンパク質を手軽に美味しく摂取することのできる『SOYPROTEIN』。ご興味ある方はお試しください。

SOYPROTEIN バナナ味の商品ページはこちらから

SOYPROTEIN ココア味の商品ページはこちらから

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アレルギー対応レシピが盛り沢山!の岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

『入園・入学・進級前に使う食物アレルギーヒアリングシート』
無料ダウンロードはこちらから

岡夫婦のFacebookページこちらから

岡夫婦のInstagramこちらから