21年10月から、味の素小麦・卵・乳を使用しない『米粉でつくったギョーザ』が、全国販売となりました。

米粉のギョーザの全国販売に関する記事はこちらから

これまでも、一部の地域やお店で見かけたことがあるというお話をお聞きしたり、またネット通販であれば購入できることは知っていたのですが、できればお店で購入したいと思い、色んなお店を探してきました。

しかし、残念ながら私達の近郊では取扱店が無く・・・

そしてとうとう、岡パパのガマンの限界が!!

「えぇぃ!こうなればネット通販で購入して思う存分食べてやる!」
と、ネット通販で購入しました。(「えぇぃ!」と言うほどの大事では無い(笑))

 

味の素冷凍食品 米粉でつくったギョーザ
特定原材料7品目不使用

 

小麦・卵・乳不使用!『羽根付き』餃子が簡単に焼ける!

米粉でつくったギョーザは、代表的なアレルゲンである小麦、卵、乳を使わずに作られています

餃子の皮は米粉で作られており、中身のお肉やお野菜は全て国産のものが使われています。

さらに!お店で焼いたような『羽根付きの餃子』を、ご家庭で簡単に焼くことができます。

 

原材料情報、アレルゲン情報

原材料情報
野菜(キャベツ、たまねぎ、にら、にんにく)、鶏肉、粒状大豆たん白、豚脂、粉末状大豆たん白、ごま油、チキン風味調味料、砂糖、食塩、発酵調味料、香辛料、酵母エキス、皮(米粉、米粉加工品、なたね油、でん粉、粉末状大豆たん白)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、HPMC、アルギン酸エステル、レシチン、増粘剤(キサンタン、アルギン酸Na)、pH調整剤、塩化Ca、

アレルゲン情報(28品目中):ごま、大豆、鶏肉、豚肉

 

油・水無し!羽根付き餃子を超簡単に焼くポイントをご紹介!

油も水も無し『羽根付き餃子』を焼くことができるということで、岡パパも試してみました。

やってみると超簡単!出来上がったキレイな羽根を崩さずに失敗なくお皿に並べるポイントを動画でご紹介します!

 

調理方法
1.冷凍状態の餃子をフライパンに並べます。
2.フタをして中火で約6分焼きます。
3.6分程経ったら出来上がり!

ポイント1:冷凍状態の餃子をフライパンに『できるだけまとめて』並べます。

ポイント2:焼きあがった餃子の上に、お皿を乗せてフライパンごとひっくり返します。

油も水も使わずに、羽根付き餃子が本当にできちゃいました!

こんなに簡単に失敗なく出来上がるなんて・・・味の素さん、ありがとうございます。

 

体験レポート

フライパンごとひっくり返す動きと共に、お皿の上に現れるキレイに焼けた羽根付き餃子に、「わぁ~!スゴイ!何ソレ!何ソレ!」と娘達も大はしゃぎ!

我が家でも餃子を手作りしたりしますが、手作りで羽根付きとなるとなかなかハードルが高いように思えて、行っておりませんでした。これからは、この餃子があれば、いつでも簡単に羽根付き餃子が食べられるわけです。

さて、それでは食べてみましょう。

焼いた餃子の香りが食欲をそそります。

焼き上がりのパリパリっとした羽根と一緒に食べてみると、サクッとした軽い食感の羽根オコゲのような香ばしさを感じる餃子の皮、そして野菜とお肉の旨味が詰まったジューシーな中身

これは美味しい!

味にくどさが無いので、1パック12個入りとなっていますが、1人で12個くらいペロリと食べられちゃいます。

実際、私達夫婦はもちろんですが、普段小食の娘達も12個をアッという間に完食しました。

羽根は時間が経つと、水気を吸ってフニャフニャになってしまいます。サクッとした食感を味わいたいのであれば、出来立て・焼きたてを食べることをおススメします。

 

岡パパはネット通販で購入

SNSなどでこちらの商品を「〇〇のお店で購入できた」といった情報も見かけますので、もしかしたら皆さんのお近くのお店でお取扱いがあるかもしれません。

残念ながら岡パパが動ける範囲にあるお店にはお取扱いがありませんでしたので、今回はネット通販(楽天)で購入しました。
是非、近所のスーパーで購入できるようになって欲しいです。

 

手軽に、簡単に、しかも美味しい『小麦、卵、乳不使用の餃子』が食べることができるとは、本当に嬉しいです。

ご興味ある方はお試しください。

米粉でつくったギョーザの商品紹介ページはこちらから

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アレルギー対応レシピが盛り沢山!の岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

『入園・入学・進級前に使う食物アレルギーヒアリングシート』
無料ダウンロードはこちらから

岡夫婦のFacebookページこちらから

岡夫婦のInstagramこちらから