お豆腐を食べる方に新たな感動を与えたい!という想いで作られた『感豆富』は、『大豆のプリン』と形容されるように、濃厚でコクがありながらも、アッサリとした上品な甘さが特徴です。

感豆富の体験レポート

3種の食べ比べはこちらから

和紅茶味はこちらから

 

昨年9月に、感豆富に新しい味『重ね小豆』が加わりました。

『感豆富 重ね小豆』について紹介した記事はこちらから

 

岡パパ、色んなお店を探してみたのですが、なかなかお店で出逢うことができず、諦めかけていたその時!

たまたま立ち寄ったスーパーで『重ね小豆』を発見!購入してみました!

 

感豆富 重ね小豆
特定原材料7品目不使用

 

原材料情報、アレルゲン情報

 

<原材料情報>
豆乳(大豆を含む:遺伝子組み換えでない)、小豆甘納豆、砂糖、希少糖含有シロップ、あずき粉末、大豆粉、食塩/凝固剤(粗製、海水塩化マグネシウム(にがり))、増粘剤(加工デンプン)、クエン酸三ナトリウム、着色料(カラメル、クチナシ)、香料

アレルゲン情報(28品目中):大豆

 

体験レポート

パッケージは、他の感豆富シリーズと同じく、スイーツのようなオシャレなカップに入っています。

では、早速食べてみます。

蓋を開けると、ほのかに小豆の甘い香りがしてきます。スプーンですくった感じは、絹ごし豆富よりも柔らかいのが伝わってきます。

口に入れてみると、上品な甘味に仕上がった小豆の味と香りが口の中イッパイに広がります。底の方に、小豆の粒が入っており、食感のアクセントになるとともに、ここでも小豆本来の味を楽しむことができます。2つの小豆の味わいが楽しめるので、『重ね小豆』なんですね。

口当たりは大変滑らかで、お豆富というよりは、柔らかめのプリンの様です。『大豆のプリン』の看板に偽りなしですね!

 

どこで購入したの?

岡パパは、保土ヶ谷駅近くにある富士スーパーでこちらの商品を購入することができました。富士スーパー全店で取り扱いがあるかはわかりませんので、事前にお店にお電話などでご確認されてみてください。

また、「このお店で売っていたよ!」といった情報などがありましたら、教えていただけますと嬉しいです。

 

ようやく出逢えた『感豆富 重ね小豆』。味も食感も期待値以上の美味しさでした。

ご興味ある方は探してみてください。

 

感豆富 重ね小豆の商品ページはこちらから

感豆富の特設サイトはこちらから

 

※サイト記事のコメント投稿についてのお知らせはこちらから

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アレルギー対応レシピが盛り沢山!の岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

『入園・入学・進級前に使う食物アレルギーヒアリングシート』
無料ダウンロードはこちらから

岡夫婦のFacebookページこちらから

岡夫婦のInstagramこちらから