欧州のアップフィールド社のプラントベースフードブランドである『Violife』

乳製品、ナッツ類不使用、特定原材料28品目不使用でチーズ様食品などを製造・販売されています。

21年から日本でも家庭用商品が販売され始め、岡夫婦もスライスチーズとクリームチーズを食べてみました。

スライスチーズの体験レポートはこちらから

クリームチーズを使ったティラミスのレシピ記事はこちらから

 

今回は、シュレッドタイプのチーズ様食品を食べてみましたので、体験レポートをお届けします。

Violife 植物生まれのシュレッド チェダータイプ
特定原材料28品目不使用

乳製品、大豆、ナッツ類不使用の植物性チーズ

Violifeの植物性チーズは乳製品もナッツも不使用です。

日本で植物性チーズとなると、大豆(豆乳)を使った植物性チーズが一般的ですが、Violifeの植物性チーズはココナッツオイルを使って作られています。

 

原材料情報、アレルゲン情報

原材料情報:
ココナッツオイル、でん粉、食塩、オリーブエキス/加工でん粉、香料、パプリカ色素、カロテン色素、ビタミンB12

アレルゲン情報(28品目中):無

 

体験レポート

以前は、スライスチーズタイプのチェダーフレーバーを食べましたが、今回はシュレッドタイプです。

ピザやグラタンなどのお料理に使いやすい細長い状態になっています。

加熱せずにそのまま食べてみましょう。

そのままの状態で食べてみると、ボソボソとはせずに、普通のシュレッドタイプのチーズの様な口当たりに感じます。味は、ほんのりと甘みがあり、コクのある味わいです。ココナッツの香りなどはほとんど感じませんでした。

スライスタイプのチェダーフレーバーと同じでしょうかね?

 

さて、続いて加熱した状態での味を確認するため、今回はパンにのせてトーストしてみました。

加熱すると、色味も濃くなり甘みが増しました!

常温で食べた時よりも、味も香りもチーズらしくなりました。トロ~リとして伸びのある食感はさすがです!

今回は食パンにのせて食べてみましたが、ピザやグラタンなど、色んなお料理で活躍してくれそうです。

 

購入できるお店は?

岡パパが確認している限りでは、この『植物生まれのシュレッド』は、成城石井や東急ストアーで取扱いがありました。


(写真は東急ストアーの売り場)

2022年1月現在は、まだ関東1都6県でのエリア限定販売ですが、3月からは全国販売となります!

 

日本のあっさりとした乳製品不使用チーズとは違い、個性的な味わいと香りを楽しむことのできるViolifeの植物性チーズ。

ご興味ある方はお試しください。

 

植物生まれのシュレッド チェダータイプの商品ページはこちらから

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アレルギー対応レシピが盛り沢山!の岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

『入園・入学・進級前に使う食物アレルギーヒアリングシート』
無料ダウンロードはこちらから

岡夫婦のFacebookページこちらから

岡夫婦のInstagramこちらから