世界的な小麦価格の高騰などにより、注目を集めている日本のお米。

私達日本人としては馴染みのあるお米から、チーズ様食品を創り出すことに成功!

お米からチーズを創る世界初の技術についての記事はこちらから

岡パパがこちらの情報をキャッチしたのが、22年6月でした。

SNSなどで、このお米から作られたチーズを食べた!という感想をチラホラと拝見するようになり、岡パパも探してみたところ販売されているのを発見!

早速購入してみました!!

お米でとろ~りとろけるシュレッドタイプ
特定原材料28品目不使用

 

チーズフォンドュに挑戦!

こちらの商品が発表されてから、とっても気になっていた調理法があったんです。

それはチーズフォンドュ!

あのチーズフォンドュのように、とろ~りとなるのでしょうか?

お米から作られたチーズのとろけ具合を動画にしましたので、ご覧ください。

 

原材料情報、アレルゲン情報

原材料情報:
米粉(国産)、植物油脂、澱粉分解物、たん白加水分解物(米由来)、食塩、粉末酒粕

アレルゲン情報(28品目中):無し

 

体験レポート

動画をご覧いただくと分かりますが、熱を加えると、柔らかいお餅の様な状態になります。

 

「とろ~り」という表現に偽り無しです!

 

このお米チーズを温めると、チーズのような発酵食品特有の香りが結構広がります。

お子様によっては、この香りが苦手という方もいるかもしれません。

我が家の娘たちは、この香りが苦手とのことでした。

好きな人にはたまらなく食欲をそそる香りなんですけどね。

 

米粉パンに絡めて食べてみると、チーズらしい濃厚なコクがあります!

最初はクセが強いかな?と思いましたが、食べているうちに後味がすっと消えていくので「もう一口!」という感じで、ついつい食べたくなります。

程良く塩気が効いており、米粉パンはもちろん!ブロッコリーやニンジンなどのお野菜や、ベーコンやハムなどのお肉にも相性が良さそうです。

 

温めてみるとこれだけ美味しいのですが、常温状態では香りはそれほど感じることなく、また食感もボソッとした感じになります。

塩気はほどほどに味わえますが、チーズらしいコクなどは抑え気味になります。

温める前と後とで、これだけ香りも味も食感も変わるというのも面白いですね!

 

岡パパが購入したお店は?

岡パパはこちらの商品をイオンで購入することが出来ました。

他にも、大型のスーパーなどで購入できたといったお声をSNSで拝見しております。

 

パンやピザ生地にのせて焼いて食べるもよし!

岡パパがやったように、チーズフォンドュで食べるもよし!

ご興味ある方は是非お試しください!

 

本商品のブランドサイトはこちらから

株式会社神明さんのHPはこちらから

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アレルギー対応レシピが盛り沢山!の岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

『入園・入学・進級前に使う食物アレルギーヒアリングシート』
無料ダウンロードはこちらから

岡夫婦のFacebookページこちらから

岡夫婦のInstagramこちらから