近頃では、一般的なスーパーなどでもグルテンフリーの麺類を取り扱ってくれるお店が増えてきました。

小麦などに食物アレルギーを持つ我が家の娘にとっては、とてもありがたいことです。

さて、先日、我が家でちょっとした実験を行いました。

『マロニーちゃんとライスヌードルって、どんな違いなんだろう?』

今回は、マロニーちゃんとライスヌードルを焼きそばにして食べ比べしてみました。

マロニーちゃんとライスヌードルで味比べ

 

マロニーちゃんとライスヌードル

マロニーちゃん

マロニーちゃんと言えば、煮崩れしにくく鍋物などにも使われる定番のメニューです。

こちらは米粉ではなく、じゃがいものでん粉をメインにして作られています。

 

ライスヌードル

今回使用したライスヌードルはカルディーで購入した米粉で作られたライスヌードルです。

 

双方ともに、特定原材料28品目不使用です。

 

焼きそばに調理

それでは、焼きそばに調理していきます。二つとも、野菜や肉、味付けは同じにして、食べた食感や味に違いはあるのでしょうか?

写真の左側がライスヌードルで作った焼きそば。右側がマロニーちゃんで作った焼きそばです。

 

まずはマロニーちゃんから食べてみましょう。

色は、ライスヌードルで作ったものよりもソースの色が濃く付いています。

箸でとってみると、麺離れが良く、麺同士がくっついたりしませんでした。

食べてみると、鍋物などに入れても煮崩れしないようになっているだけあって、コシがあって食べ応えのある食感です。ソースの味も良く染み込んで、麺自体の甘味も加わり美味しく食べることができます。

 

続いてライスヌードル

色は、やや白っぽい色合いになりました。

箸でとってみると、こちらは麺同士がくっついてしまい、マロニーちゃんに比べると麺離れが悪かったです。パスタであればオリーブオイルなどを加えることで解消できそうです。

食べてみると、モッチリとした馴染みのある食感ながらも、焼きそばというよりは焼うどんに近い食感に感じました。こちらもソースの味も良く染み込んで、麺自体の甘味も加わり美味しく食べることができました。

 

さて、我が家の娘たちはどちらの麺がお好みでしょうか?

娘たちには、米粉の麺ばかりを食べさせてきたせいか、ライスヌードルの食感の方が馴染みがあったようで、こちらがお気に入りだったようです。

岡パパはコシのあるマロニーちゃんの方が食べ応えがあって良かったかなぁと感じました。

麺好きな岡ママは、「どっちも美味しい!」と甲乙つけられなかったようです。

 

たまにはこのように、麺の違いで食べ比べをしてみて、味や食感の違いを楽しんでみても面白いかもしれませんね。

 

マロニーちゃんの商品ページはこちらから

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アレルギー対応レシピが盛り沢山!の岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

『入園・入学・進級前に使う食物アレルギーヒアリングシート』
無料ダウンロードはこちらから

岡夫婦のFacebookページこちらから

岡夫婦のInstagramこちらから