やってまいりました!

「パパでもできるもん!」

画期的な調理方法を開発したり、一流レストランのようなお料理を作るのは難しいかもしれませんが、「台所に立つ機会の少ないパパでもお休みの時に、ちょっとしたお料理を作ることができる」そんなお料理や商品をご紹介したいと思います。

今回はなんと!卵、乳、小麦を使わないのはもちろん!大豆製品(豆乳)も使わないシフォンケーキの作り方をご紹介します!どなたでも同じように作ることができるよう、使用する材料やポイントなどについて詳しく解説していきます。

さらに!なぜ28品目不使用のシフォンケーキが誕生したのか?裏話もお話しちゃいます!

卵・乳・小麦・大豆不使用!ふわふわシフォンケーキの作り方
特定原材料28品目不使用

 

 

作り方動画

まずは、作り方を動画でご紹介します。

後述するポイント解説と併せて見て頂くことで、よりわかりやすくなると思います。ご覧ください。

 

使用する材料、アレルゲン

<材料>
A:
・米粉(共立食品 米の粉) 180g
・ベーキングパウダー 10g

B:
・ひよこ豆煮汁(※) 180g
・米油 20g
・きび砂糖 50g
・バニラエッセンス 4~5滴
・レモン汁 10g

※ひよこ豆の缶詰は、カルディーで購入しました。

カルディーで取り扱いのあるひよこ豆の缶詰の情報はこちらから

アレルゲン(28品目中):無!

<Ingredient>
A:
・Rice flour 180g
・Baking powder 10g

B:
・Garbanzo beans Aquafaba 180g
・Rice Oil 20g
・Sugar 50g
・Vanilla extract 4~5drops
・Lemon juice 10g

 

作り方、ポイント解説

<作り方>

①:シフォンケーキ型に米油(分量外)を塗っておきます。オーブンを180℃で余熱しておきます。

②:米粉、ベーキングパウダーを計量し、良く混ぜておきます。

③:ひよこ豆の缶詰から煮汁を180g取り出します。米油20gを加えてからハンドミキサー(低速)で泡立たせます。きび砂糖を3回に分けて入れて混ぜます。バニラエッセンス、レモン汁を加えて混ぜ、合計15分くらい混ぜると、モッタリとしたクリーム状になります。(ツノが立たない程度のゆるさです)

④:③に②を加えて、(2分以内くらいを目安に)手早く混ぜます。

⑤:シフォンケーキ型に④を流し入れて、アルミホイルを被せます。余熱しておいたオーブンで、まず180℃で10分、続けて170℃で30分焼きます

⑥:焼きあがったら、アルミホイルを被せたまま粗熱を取ります。(30分ほど)

⑦:粗熱が取れたら、アルミホイルを外して、シフォンケーキ型から生地を取り出します。

⑧:型から取り出したシフォンケーキをサランラップに包んでしっかりと冷まします。(2時間くらい)

⑨:生地がしっかりと冷めたら出来上がり!

<作り方のコツ>

・ひよこ豆の煮汁に米油を加えずに泡立たせると、泡立ちが良すぎてしまいますので、必ず米油を加えてから泡立てるようにしましょう

・米油を加えたひよこ豆の煮汁を泡立たせるときは、ハンドミキサーの低速で丁寧に泡立たせます。

・ベーキングパウダーと混ぜた米粉を、クリーム状になった③に入れて混ぜる時は、手早く混ぜるようにしましょう。(2分以内を目安に)

・型から取り出したシフォンケーキをサランラップに包んで冷まさないと、表面が固くなってしまいます。また、生地が冷めないうちに包丁でカットしようとすると、包丁に生地がくっついてしまいます。ご注意ください。

 

 

動画でもご覧いただけたかと思いますが、28品目不使用でも、ふわっふわのシフォンケーキができました!

このシフォンケーキは、(常温で)ラップに包んでおけば1日たっても固くならず、柔らかいまま食べることができます。

娘たちも喜んで食べてくれました!

 

28品目不使用シフォンケーキ誕生の裏話

以前、基本のスポンジケーキの作り方についてレシピ紹介をしました。

基本のスポンジケーキの作り方はこちらから

こちらは、卵、乳、小麦不使用ですが、米粉豆乳メレンゲを使って、ふんわり・もっちりとしたスポンジケーキを作ることができます。

しかし、我が家の長女は、卵、小麦の食物アレルギーに加え、大豆製品にもアレルギー症状を発症し始めてしまいました。せっかく岡パパでも作ることのできるスポンジケーキの作り方がわかったのですが、大豆製品(豆乳)を使っているので長女は食べることができません

長女の大豆アレルギーが起こってから、大豆製品を使わずに作ることのできるレシピを少しずつご紹介してきたのですが、想定以上に大豆製品にアレルギー症状を持つ方々から「ありがとう!」といったお声を多くいただきました。卵、乳、小麦だけでなく、大豆製品も食べることができない方も多いんですよね。

よし!大豆製品を使わなくても作れるようにレシピを改良しよう!と、21年のGWの間中、毎日のようにケーキを焼いていました。

豆乳を使わずに、ふんわりとした生地にするために、ひよこ豆の煮汁を使うことは決めていたのですが、ケーキ用の型で焼くとどうしても生地の食感がネットリとして歯にくっつくような感じになってしまいました

ケーキ型で焼くには、ひよこ豆の煮汁と米粉を混ぜた生地の相性が悪いのか、焼き方が悪いのかわかりませんが、何度試しても納得のいく出来になりませんでした。

そこで登場したのがシフォンケーキ型!

これなら真ん中部分からも熱が通り、生地の食感が良くなるのでは?と思い、試してみること数回。焼く温度条件や焼いた後の冷まし方など、試行錯誤しながら、満足のいくシフォンケーキを作ることができました。

なぜ、こんなにケーキを焼くことにこだわっていたかというと・・・GW中に岡パパの誕生日があったので、その日に間に合わせたかったんです(笑) Birthday cake from me(笑)

結局、家族に祝っていただいたお誕生日パーティーには、このシフォンケーキは間に合いませんでしたが、GWの終盤にレシピを完成することができました。

 

岡パパの執念(?)が生み出した28品目不使用のシフォンケーキ。ぜひお試しください。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アレルギー対応レシピが盛り沢山!の岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

『入園・入学・進級前に使う食物アレルギーヒアリングシート』
無料ダウンロードはこちらから

岡夫婦のFacebookページこちらから

岡夫婦のInstagramこちらから