欧州のアップフィールド社のプラントベースフードブランドである『Violife』

乳製品、ナッツ類不使用、特定原材料28品目不使用でチーズ様食品などを製造・販売されています。

21年から日本でも家庭用商品が販売され始め、岡夫婦もスライスチーズとクリームチーズ、そしてシュレッドチーズを食べてみました。

スライスチーズの体験レポートはこちらから

クリームチーズを使ったティラミスのレシピ記事はこちらから

シュレッドチーズの体験レポートはこちらから

 

今回は、日本向けに作られたビオバターを食べてみましたので、体験レポートをお届けします。

Violife 植物生まれのビオバター
特定原材料28品目不使用

 

乳製品、大豆、ナッツ類不使用の植物性バター

Violifeの『植物生まれのビオバター』は、乳製品も大豆製品もナッツ類も不使用です。

他の植物性チーズ食品と同じように、こちらもココナッツオイルを使って作られています。

日本向けに作られた商品というのが嬉しいですね!

 

原材料情報、アレルゲン情報

原材料情報
食用精製加工油脂、食用植物油脂、食塩、そら豆たんぱく質、グルコース/乳化剤、香料、カロテン色素、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

アレルゲン情報(28品目中):無

 

体験レポート

さて、日本向けにココナッツオイルからつくられた『植物生まれのビオバター』。一体どんな香りや味なのでしょうか?

外包みを開いてみると、中に入っていたのはバター!?

でも、バターやマーガリンをパッケージから取り出したときに感じる、いわゆる『バターの香り』はしません。鼻を近づけると、ほのかにバターのような甘い香りを感じるかな?という程度です。

すくってみると、この感触もバターの様です。

ちょっとそのまま舐めてみましょう。

ペロリと舐めてみると、アッサリとした味わいのマーガリンの様です。香りは控えめですが味わい深くコクがあります。ココナッツオイルからつくられているとのことですが、味、香りにココナッツは感じません。

今回は、このビオバターを、トーストしたパンに塗って食べてみます。

 

熱が加わって、溶けていく様は、本当のバターの様です!

トーストに塗って食べると、味わい、香りはアッサリとしたマーガリンの様です。バンの味わいを邪魔せずに旨味とコクを加えてくれます。

後味もスッキリしており、バターのようにずっと口の中で残り続けるようなことは無く、サッパリしています。ココナッツの味わいや香りはほとんど感じませんでした。

変に香りや味を加えずに、パンの味わいを邪魔しない程度に旨味とコクを与えてくれて、なおかつサッパリと食べることのできるビオバター。朝食がパン食という方には嬉しい商品かもしれませんね。

 

購入できるお店は?

岡パパが確認している限りでは、この『植物生まれのビオバター』は、成城石井で取扱いがありました。他にも、一部のイオンなどで取扱いがあると聞いたこともあるのですが、岡パパはまだ確認できておりません。

2022年1月現在は、まだ関東1都6県でのエリア限定販売ですが、3月からは全国販売となります!

 

日本向けに作ってくれた『植物生まれのビオバター』

今回はトーストしたパンに塗って食べるだけでしたが、これならバタークリームの様にしてお菓子に使うこともできそうです!アレンジの幅が広がりますね!

ご興味ある方はお試しください。

 

植物生まれのビオバターの商品ページはこちらから

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アレルギー対応レシピが盛り沢山!の岡夫婦Youtubeチャンネルこちらから
チャンネル登録お願いします!

『入園・入学・進級前に使う食物アレルギーヒアリングシート』
無料ダウンロードはこちらから

岡夫婦のFacebookページこちらから

岡夫婦のInstagramこちらから